脱毛モテ肌美人  >  体験  >  イーモ 脱毛 効果

体験レポート イーモでダブルショット、肌効果を写真でチェック

今回は、肌に優しくそして効果的に脱毛ができるダブルショットで照射しました。
腕へ照射する前と後の状態を写真で比較してみます。

 ダブルショット前 

この写真はダブルショット前の写真です。

腕へ照射する前

 ダブルショット後 

この写真はダブルショット直後の写真です。

腕は照射後

イーモで照射したポイントが分かるように、腕へハンドピースを強く押しつけてからスタートボタンを押しました。
この為、跡が少し残っています。

状態は良好だと思います。今回レベル4に設定し、クーリングパック(保冷剤)で冷却した為、その効果もあったと思います。全く問題ありませんでした。
もう少しレベルを上げて、効果的に作用させてもいいかもしれません。

取り扱い説明書によると、穏やかな赤みがあっても、30分程度で改善するようです。

 ダブルショットは、レベル2から使用可能

活用マスターブックでは、レベル5以上から使用ができるように記載されていましたが、実際にスキンテストなどで使ってみると、レベル2から使用できました。
なんででしょう・・・??

そこで、お客様相談窓口へ(フリーダイヤル)へ電話して聞いてみました。
すると、ミスプリだということがわかりました。安心しました。

重複照射しない為には・・・(参考)

 重ならない為の方法・・・ 

イーモの活用マスターブックには、重複しないように記載されています。

取り扱い説明書

口コミ調査では、それを避けるため、以下のような方法で行っている方もいました。

 強く接触させ跡をつける(体験レポートと同様の方法)

ハンドピースを少し強く接触させると跡がつきます。
その跡を目印に少しずつずらしながら照射する方法。

 事前に目印の線を引く方法

薄い色のマーカーで線を引いて、それを目印に少しずつずらしながら照射する方法。

この時の色は、黒や白は避けたほうがいいと思います。 黒い場合は、エネルギーを吸収してしまいますし、白の場合は毛があっても毛根へエネルギーが吸収されません。

実際は全く打ちもらすことなく、重複することもなく照射することは難しいかもしれません。

多少打ちもらすことがあっても、2週間程度日にちをあけて、毛の生えてるところへ再度照射するので、神経質にならなくてもいいと感じました。

イーモはフラッシュ方式で面積が広いので、時間もそれほどかからないので助かります。

注意するポイント

 使用中に注意すること 

 サングラス

今回サングラスは使いませんでしたが、他のスタッフが全身脱毛の為、長時間使った後に目が疲れたと言っていました。

長時間使う場合やひげなどに使用するときは、目に対する光を効果的に遮断する為、サングラスの利用をお薦めします。

サングラス

サングラスは付属品として同梱されています。

 使用後に注意すること 

 刺激があることは避ける

イーモの活用マスターブックには、使用後に注意すべきポイントが記載されていました。

取り扱い説明書

やはり、使った後は刺激のあることは避けたほうがよさそうです。
特に外出による日焼けは注意した方がいいと思います。

 次のemo体験11では、イーモの使用頻度(サイクル)について紹介します

体験レポート9へ
体験レポート11へ


購入・詳しくはこちら