脱毛モテ肌美人  >  話題の脱毛器  >  フラッシュ 原理

ヘアーサイクルに合わせてフラッシュ照射

 3つのプロセスを知ろう 

ヘアーサイクルで照射

体毛にはヘアーサイクルがあります。

体毛は、永遠に伸び続けるわけではなく、成長後、抜け落ちるというサイクルがあり、そしてまた、新しく生まれ変わっています。

このことを、ヘアーサイクルといい、3つのプロセスがあります。

  成長期 ⇒ 退行期 ⇒ 休止期
             (サイクルは部位によりかわります)

成長期は、毛穴の中の毛母細胞が分裂成長することで、表皮へどんどん押し上げられて、生えていきます。

退行期は、毛母細胞の分裂がストップして、抜け落ちる準備に入ります。

休止期は、けが毛乳頭と完全に離れ、抜け落ちます。

原理的には、メラニンにフラッシュ照射が効果的

 原理はこんな感じ 

成長期では、毛根部分にメラニンという色素が多くある為、光を吸収しやすい状態です。

そこへ、脱毛機で照射することで、毛包部分の毛乳頭や毛母細胞へ熱が加わり、死滅してしまいます。

死滅することにより、老廃物として1〜2週間程度で抜け落ちます。

数週間後には、また生えてきますが、細くなって生えてくるようです。

再度同様に照射繰り返すことで、毛穴も収縮し目立たなくなるようです。

つまりフラッシュ脱毛機で効果的にお手入れする為には、メラニンの多い成長期に行うといいんです。

人気のイーモの場合では、2週間の間隔で最低でも4〜5回のフラッシュ照射が必要です。

おすすめとしては、約8回、5回目後で追加的なお手入れが必要な場合は、4週間の間隔で使用するように言われています。