脱毛モテ肌美人  >  話題の脱毛器  >  フラッシュ

フラッシュ脱毛器の特徴

 お手入れ簡単、肌に優しく、痛みもすくない 

いい感じ

瞬間的に強力な光を照射することで、毛根部分へエネルギーを集中させ、毛根細胞を死滅させます。

フラッシュ方式は、光脱毛の一種で、インテンスパルスライト(IPL)と呼ばれる特異的な波長の光を利用します。

この光の性質としては、距離が離れるほど、拡散する特徴があります。

インテンスパルスライトを一瞬照射することで、毛の黒い毛根部分だけにエネルギーを集中させることができます。 この為、肌へのダメージを少なくすることができます

機種によっては、ダブルショット機能によって、1回で強い照射をせず、2回に分けて照射することで、ダメージを少なくする商品もあります。

 レーザーと比較してもいい感じ 

フラッシュ方式は、照射範囲も広く、レーザーと比較しても、短時間でお手入れできます。

また一般的に、レーザーと比較すると、痛みも少ないようです。

効果としては、繰り返すことで徐々に実感できるようになるようです。

一般的には、レーザーの方が、比較的早く効果を実感できるかもしれません。
しかし、口コミ調査では、フラッシュでも早く効果を実感された人もいました。
効果に対しては、個人差もあるので明確にはわかりませんでした。

気になるポイントをピックアップ

 使用前にチェックするポイント 

 毛の色はまたは、茶色の毛に対して使用可能。(レーザーも同様)

 黒い部分へエネルギーが集中する為、日焼け等、肌が黒い方は使用できない
    (レーザーも同様。)

 肌にトラブルがある場合は避ける。

 使用前に準備するポイント 

 黒いほくろなどがある場合は、光が当たらないように、マスキングする。
    (絆創膏等を切ったり、白い修正液。)

 使用前の準備として、余分な体毛はカミソリなどで剃っておく
    (余分な体毛が伸びていると、その部分にエネルギーが分散してしまい毛が焦げる。)

 前処理では、ワックスやピンセットなどで完全に抜かない

 初めて使用する場合は、スキンテストを行い、状態をチェックしながらレベルを決める。
    (初めはレベルを低く設定してテストしてみる)

 ダメージを少なくするため、保冷剤などで処理の前と後に冷やすとよい
    (処理の前に冷やすことで、痛みを少なくすることができる。)

 お手入れの後に注意するポイント 

 照射後は肌への負担を避けるため、日焼けに注意する。

 照射後は、温水による入浴はさけ、シャワーにする。(温めない)

 一般的に肌へハンドピースを接触すると、光が他へ照射されにくい構造になっているようです。
    しかし、アゴなどに使う場合は、目に光があたらないように注意する必要があるようです。
    (本体と一緒にサングラスが付属されている機種もあります。)

  (詳細は、メーカーへ問い合わせてください。)